【面接で受ける準備をする】

 

 転職活動で面接を受ける場合には、事前に訊ねられることを想定して準備をしておくことが大切です。面接で訊ねられる質問は、ある程度は想定できるものが多いものです。

 

 したがって、面接を受ける際には、自分の考えを整理しておき、面接官の質問に的確な受け答えが出来るようにしておきましょう。面接の冒頭で自己紹介を求められる場合も多くありますので、自分のことを簡潔に伝えられるように準備しておくことも大切です。

 

【転職の理由を整理しておく】

 

 転職を目指す場合には新卒者と違い、前職の退職理由や転職理由を質問される場合が多いものです。転職理由で大切なことは、あくまでも自分を主体とした理由を把握しておくことです。

 

 例えば以前に勤めていた会社を批判したり、転職理由を受け身なものにするのではなく、自分の志向する理由を述べるべきだと思います。企業側は自社でも起こりえることを応募者が転職理由に述べていた場合、採用することにリスクを感じるためです。

 

 そのため、客観的な目線においても、論理的に納得ができる転職理由を述べるようにしましょう。また、応募先の企業に志望した動機も訊ねられることも多いです。その場合も、転職理由との整合性がとれた受け答えをすることが大切です。